超硬合金とその用途

http://alloy-kogyo.com/
超硬合金とは、主に切削工具に用いられている硬質材料のことを指します。もともとはタングステン炭化物の粉末をコバルトを固結剤として焼結した一種のサーメットのことでした。

現在、炭化物と固結剤の組み合わせは多岐にわたっています。超硬合金のおかげで、大量生産に適応する高速切削が可能となって、機械工作が飛躍的に発展しました。切削工具のほかには、引き抜きダイスや削岩機ビット、耐摩耗用工具などに利用されています。